給与形態の種類について

タクシーの模型

タクシードライバーというのは歩合制という給与形態を取り入れているところが多いと言えますが、その歩合制にはいくつか種類があります。まず挙げられるのは「固定給と歩合給のミックス」であり、給料が比較的安定しているのが特徴だと言えるでしょう。そもそも歩合給というのは、売り上げが高いほど給料も高くなるという仕組みのものであり、仕事を多くこなせる人にとってはより稼げる給与形態になります。しかし固定給と歩合給のミックスは、仕事があまりできなかったときでも一定の給料を確保できるというメリットがあると言えるでしょう。次に挙げられるのは「完全歩合制」というものであり、こちらは頑張って働いた分がそのまま給料に反映される仕組みになっています。そのため、仕事に自信がある場合や、より年収をアップさせたいという場合に向いている給与形態だと言えるでしょう。また他にも、さきほどの2つを足したような給与形態のものもあり、こちらは固定給はあるものの、歩合の割合がより多いという特徴があると言えます。

実際の収入の相場について

タクシーの模型

タクシードライバーに就職や転職を希望する場合、一番気になるのは年収がどれぐらいになるのかということでしょう。ある資料によると、賞与などを合計した年収額の平均は350万円程度になると言われており、一般的なサラリーマンよりもやや低い水準になっていると言えます。しかしタクシードライバーというのは、特別な資格や経験、そして学歴などがなくても採用してもらうことができる職業なので、その点を考えると悪くない水準だと言えるかもしれません。ただしこの数値はあくまでも全体の平均なので、地域やタクシー会社の規模などによっても大きく変わってくるという特徴があります。地域に関しては、都市部は400万円前後と高いところもありますが、地方は200万円台という低い水準になることもあり、その差は100万円以上もあります。ですのでより稼ぎたいという人は、地方ではなく都市部で就職や転職をしたほうがよいと言えるでしょう。タクシー会社の規模については、規模が大きいほど高くて、小さいほど低い水準になる傾向にあると言えます。規模が1,000人以上の大きな会社だと年収が400万円以上になるところも多くありますが、100人未満だと300万円程度になってしまうのです。またタクシードライバーの年収は年齢によっても大きく違う傾向があり、仕事をバリバリこなせる若い層は400万円前後と高い水準になりますが、60歳以上になると300万円前後が平均的だと言われています。

広告募集中